フレッグ食品工業株式会社

社長挨拶

私たちの本社工場は福井県の永平寺町にあります。町の中央には日本三霊山の一つ「白山」を 源とする九頭竜川が流れています。「白山」は唯一「母なる山」と呼ばれ、毎年10m前後の 雪を山頂にいただきます。山麓にはブナの大原生林があり、雪解け水を優しく育み、川や地下 伏流水として流れ、その地域・海等すべての生き物の「命の水」として豊かな自然を守り続け ています。

大本山永平寺の宗祖道元禅師は修行中「春は花、夏ほととぎす、秋は月、冬雪さえて涼しかりけり」 と詠われました。私たちは四季折々の自然豊かな環境で食品を造れることを誇りに思っています。 今、消費者は食の安全・安心に関して不安を抱いています。また生産者は食品のグローバル化の 中に生産コストが合わず苦しんでいます。水が豊かで農業に適した環境にある日本の「食」の 自給率が40%を割っています。私たちは今こそ食の生産及び流通の仕組みを創り直すべき時で あると考えています。生産の現場及び流通の段階で食品が大量に廃棄されているという現実が あります。

道元禅師の教えに「典座活材」という言葉があり「すべての食べ物には命があり、その命を 頂くのであるから典座は、その食材すべてを無駄なく活かし料理をする」と説いています。 私たちは食の安全・安心を支える各分野の生産者と共に「心にも体にもおいしい、環境にも優しい 本当の意味での“食品” を造り、お届けしたい」と日々、努力しています。そして、お客さまと 共に日本の食文化を守り続けたいと願っています。

                    フレッグ食品工業株式会社
                       代表取締役社長 斎藤 眞理夫

品質管理

食品製造メーカーとして「品質が命」という使命感、および消費者のニーズを捉え当社は福井県HACCP(福井県食品衛生自主管理プログラム)の認証を取得しています。

【当社の品質方針】
私たちは「顧客満足」を第一とし一人一人が商品及びサービス品質の向上に努め、安全で安心な食品を提供することにより、顧客の食文化の充実に貢献します。

※HACCPとは
安全で衛生的な食品を提供するシステムの事細菌や異物混入といった食品に危害を加える恐れのあるものを予防あるいは排除する事をいいます。

会社沿革

昭和25年 5月   斎藤商店として創業
昭和46年 5月   フレッグ食品工業株式会社 設立
昭和57年 9月   物流網確立の為潟_イレック設立
昭和62年 7月   本社工場増築
平成 5年 4月   永平寺町に本社社屋新築移転
平成18年11月   福井県版HACCP取得(麺・総菜)
           福井県版HACCP取得(菓子)

会社概要

企業名     フレッグ食品工業株式会社
代表者     代表取締役社長 斎藤眞理夫
所在地     〒910-1293
        福井県吉田郡永平寺町諏訪間65-1-1
電話番号    0776−63−3633
FAX     0776−63−2788
従業員数    22名
事業内容    食品製造販売業・卸売業

Copyright (C) 2012 FregguSyokuhin. All Rights Reserved